ダイエットグッズを駆使する

みなさんは、ダイエットグッズを使ってダイエットを試みてみたこと、ありますか?ダイエットグッズは、普通に運動や食事制限だけでは落ちにくい部位などをターゲットに使う方法、食欲コントロールのためのもの、運動で効率よくカロリーを燃やすのが目的の物など、いろいろあるんですよね。ここでは、そんなダイエットグッズを駆使して効率よくスリムになるため、ダイエットグッズの種類についてみていってみましょう!

<顔のお肉にアプローチするためのダイエットグッズ>

美顔ローラーなど、実は顔の頬の肉などを落とすためのダイエットグッズが女性に意外と人気です。外からコロコロ転がすだけで刺激になり、お肉も落ちる上美顔効果もある、なんて言われたら飛びついてしまいたくなりますよね。さらに、マウスピース型で頬の筋肉を鍛えてみたりと、顔のお肉を中から鍛えるタイプの物も人気ですよ。

<腕をほっそりするためのダイエットグッズ>

振袖といわれるくらい、二の腕が気になってしまう女性に人気なのが、二の腕を引き締めることができるといわれるダイエットグッズです。代表選手はダンベルですよね。ただし正しい持ち方で効果的に行うために、一度はパーソナルトレーナーなどについて教えてもらうのがおすすめです。さらに、加圧式の二の腕サポーターみたいなものもあったり、エステ式に電流を流して筋肉に働きかけるものまで。素人が使うと怖そうですが、案外人気があるんですよね。もちろん、リンパの流れを改善したりするマッサージタイプのものも大人気!一通り試すなら、まずはマッサージタイプの物から始めてみるのもよいかもしれません。

<太ももがターゲットのダイエットグッズ>

太ももだけ痩せたい、そんな方に人気のダイエットグッズが、セルライトに働きかけるダイエットグッズです。太ももの膝の上、太ももの裏側など、ぼこぼことセルライトがついてしまっては、どんなにきれいな人でも足を出すことに抵抗を感じてしまいますよね。コロコロローラーなどで引き締めるなど、太ももがターゲットのダイエットグッズは人気が高いようです。

<全身運動のためのダイエットグッズ>

家に居ながらにして有酸素運動ができるダイエットグッズも人気です。雨の日でも出来るのがうれしいですよね!エアロバイクだけでなく、お腹を鍛えたり、腕の筋肉に働きかけるマシンなどいろいろあるのです。

こういったダイエットグッズの助けを借りて、効率よく痩せちゃいましょ!

サウナスーツ研究所

 

 

運動ダイエット

運動をすると、痩せるということは言われていますが、特に有酸素運動がダイエットには効果的と言われていますよね。

運動には大きく分けて有酸素運動と無酸素運動がありますが、無酸素運動はどちらかといえば筋肉をつけるための運動で、無酸素とはいっても息をしないわけではなく、酸素を取り込みながらエネルギーに変える必要のない運動のことを無酸素運動と呼びます。

ダイエットで注目したいのは、有酸素運動です。というのも、有酸素運動では、酸素を取り込んでそれをエネルギーに変換させて行う運動のため、そこで糖分も使われるため、カロリーを消費することができるのです。

それでは、どんな運動が効果的なのか見て行ってみましょう!

<お勧めの有酸素運動はこれだ!>

お勧めの有酸素運動は、軽めのジョギング、ウォーキング、サイクリング、スイミング、エアロビクスなどです。ダンスもよいですね!有酸素運動は、最低でも15分以上継続して続けることで、体にたまった余分なカロリーを燃やすことができるので、自分が辛くてやめたいと思わない程度の軽めの有酸素運動を、できるだけ長く続けましょう。心拍数が上がりすぎることもなく、ちょうどよい感じのつらさ…会話をしながら楽しむことができるスポーツがベストです。

<一番カロリー消費が激しい有酸素運動とは?>

どうせやるなら、一番カロリーを消費してくれる有酸素運動がしたい、というのは誰もが思うことかと思います。実際に、どのスポーツが一番カロリー消費が大きいのでしょうか?

実は、有酸素運動の中では「水泳」が一番カロリーを消費するスポーツだといわれているのです。1時間で最低でも500キロカロリーは消費する、と言われているのですから、休み休みで1時間半泳げば500キロカロリーを消費することができるわけですね。

しかも浮力があるため、膝を痛めたりしないのもうれしいところ!

有酸素運動を始めてみよう、というかたは、ぜひ水泳に注目してみてくださいね!

食事制限ダイエット

食事制限ダイエットを始める、というと、反対される方もいらっしゃるかもしれません。けれどやはり、手っ取り早く体重を落とすことができるのが、食事制限ダイエットなのですよね。

食事制限ダイエットでは、極度の食事制限をしてしまうと生理不順や無月経など、女性の場合は排卵障害を引き起こしてしまったり、健康を害してしまう恐れもありますし、またリバウンドのリスクも高まりますよね。

そこでここでは、安心して実行することのできる食事制限ダイエットをご紹介したいと思います。食事制限をして、なんとしても夏までに5キロ落としたい…という方は、参考にされてみてくださいね!

<食事制限ダイエットをするなら栄養素はきっちりとる>

ダイエット食品で置き換える場合、うれしいのはダイエット食品には一日に必要、または一食分に必要と言われるビタミンやミネラル類を含んでいることが多いことです。ダイエットシェークなどは、1杯にビタミンやミネラルが凝縮されているということで、置き換えてもカロリーは減らしつつ栄養満点の食事をとることができるのです。

食事制限ダイエットをする場合、ストイック過ぎない置き換え、さらにその置き換えする食事内容、食事バランスや栄養素をしっかりチェックすることで、リスクの少ない食事制限を行うことができるのです。

<危険な食事制限ダイエット>

食事制限ダイエットをするといっても、コンニャクや海藻のみ、など、カロリーが極端に少ない食品のみ摂取し続ける、1日のそう摂取カロリーが600カロリー未満といったストイックすぎるダイエットは、効果が表れるのも早い反面、体への負担が大きいのが心配です。

最低でも一日のそう摂取カロリーは600キロカロリー以上を目指し、その代わり自分の食べている食事内容を見直してみましょう。

例えば、同じ600キロカロリーを摂取するのでも、フレンチフライポテトを600キロカロリー分食べるのか、野菜とお肉を600キロカロリー分食べるのか、であれば、もちろん栄養価は野菜と肉のほうが高くなりますよね。

食事制限をするときは、その食事の栄養価の高さをよく考える必要があるのです。